【ミニ四駆】ミニ四駆グランプリ2018ウインターのコースレイアウト「クラシックサーキットタイプ2 2018」が公開!

こんばんは

クチナシです。

タミヤミニ四駆公式HPのミニ四駆グランプリ2018ウインターのページにて、

「クラシックサーキットタイプ2 2018」のコースレイアウトが公開されました。

11/10 ミニ四駆グランプリ2018ウインター 東京大会D(OP有料)

11/11 ミニ四駆グランプリ2018ウインター 東京大会(OP有料)

ミニ四駆グランプリ2018ウインター公式コース、1周約184mの『クラシックサーキットタイプ2 2018』。
今回は1989年ジャパンカップで使用された『ウルトラダッシュサーキット1989』のレイアウトを模したサーキットとなっています。

スタート後は『超ロングストレート2018』。その先のセクションを素早くクリアするためにも勢いをつけていきたいストレートです。
続くセクションは『2連ルーズロード』。

昨年のジャパンカップで登場したセクションがダブルで登場。ウォッシュボード等は設置されません。端のレーンではカーブがきつめとなるため、
極力ロスが無いよう通過したいセクションです。
そして1989では3連ドラゴンバックだったセクションは『3連バウンシングストレート』となって復活。もちろん東京大会Dと東京大会では設置方向が変更となります。
折り返してコース後半セクションはまず『クライムチェンジャー』でレーンが入れ替わった後、久しぶりに立体セクションとして『アイガースロープEvo.』と『ステップアイガー』を設置。
ここも1989ではナイアガラスロープとしていた部分です。ステップアイガー後のストレートが部分が短いので十分な減速とマシンバランスが要求されます。
最終セクションはフラットなコーナーが続く『ダッシュターン』。次の周回にむけて体勢を整えられるかが勝負の分かれ目となります。

引用:11/11 ミニ四駆グランプリ2018ウインター 東京大会(OP有料)

1989年ジャパンカップで使用された『ウルトラダッシュサーキット1989』の

レイアウトを模したサーキットと言っていますが、

過去のJ-CUPで苦戦したセクションが沢山登場していますね。

J-CUP2016で登場した「アイガースロープEVO.」と「アイガーステップ」

J-CUP2017で登場した「バウンシングストレート」と「ルーズロード」と

「クライムチェンジャー」があります。

ただし今回のルーズロードにはウォッシュボードはつかないそうです。

J-CUP2018で台頭したホエイルマシンと今までのトレンドのスラダンマシン。

更に今回はロッキングストレートもデジタルカーブもありませんし、

リジットマシンにもチャンスは有ると思います。

あなたはどのようなマシンでこのコースを攻略しますか??

皆様の楽しい毎日に貢献できますように。。。

くちなしでした

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク