【ミニ四駆】今年も「がたふぇすカップ」が開催決定!!

こんばんは

クチナシです。

今年も2018/10/20~2018/10/21に新潟市にて漫画・アニメのイベントの

がたふぇすが開催されます。

ここ数年がたふぇすにてミニ四駆のイベントが開催されていますが、

今年も「がたふぇすカップ」が開催されることが発表されました。

がたふぇすカップ2018(初日)

がたふぇすカップ2018(2日目)

★ がたふぇすカップA 2018・3レーンコース「ガタガタサーキット」

3レーンコース「ガタガタサーキット」は、レースの舞台となる古町6番町商店街の細長いアーケードの路面に合わせてレイアウトされた「高速ロングコース」である。 スタート直後に6連続するウェーブセクションの次には3連続のバンクが待ち構え、その後は上下のアップダウンが続くレイアウトだ。 一見、シンプルに見えるがMCガッツによってレイアウトが多少変更される可能性もあるので、さらなる注意が必要だ。

引用:がたふぇすカップ2018(初日)

★ がたふぇすカップB 2018・「ロングストレート・ゼロヨンコース」

「ロングストレート・ゼロヨンコース」では古町6番町商店街を突っ走る50メートルの直線(4レーン)を設置。 当初は100メートルを想定していたが、ロングコースのためスタートからミニ四駆がゴールする瞬間が見えにくいので、今回は半分の50メートルに設定したのである。 とにかく最速を目指すためのスプリントコースであるが故、とにかく駆動効率と直進安定性を高めるのがポイントだ。

しかしながらこの“がたふぇすカップ2018”の優勝決定戦では、この「ゼロヨンコース」と「ガタガタサーキット」を 同じセッティングのまま連続で走行し、 複合ポイントで勝利を決めることになる。 それを踏まえた上でマシンセッティングを調整することがこのレースの一番のポイントと言えよう。

引用:がたふぇすカップ2018(初日)

しかしながらこの“がたふぇすカップ2018”の優勝決定戦では、この「ゼロヨンコース」と「ガタガタサーキット」を 同じセッティングのまま連続で走行し、 複合ポイントで勝利を決めることになる。 それを踏まえた上でマシンセッティングを調整することがこのレースの一番のポイントと言えよう。

引用:がたふぇすカップ2018(初日)

3レーンコース「ガタガタサーキット」はマシンが左右に振られるので、強度が必要ですね。

「ロングストレート・ゼロヨンコース」はストレートのみのシンプルコース。

普段はこんな長いストレートコース走れないのでとてもおもしろそうですね。

ただ優勝決定戦ではどちらのコースも走り、その複合ポイントで優勝を決定するようなので、

どちらのコースでも走れるセッティングが求められる面白いレースですね。

「ロングストレート・ゼロヨンコース」だけなら、

スプリントダッシュで超大径のマシンを走れせてみたいですね。

なお、昨年の様子はこちらから↓

【ミニ四駆】がたフェスカップ2017が開催!!

がたふぇすカップでは色々なミニ四駆のイベントが開催されますが、

がたふぇす自体もイベント盛りだくさんです。

漫画やアニメが好きなミニ四レーサーは遊びに行きましょう!!

皆様の楽しい毎日に貢献できますように。。。

くちなしでした

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク