【ミニ四駆】J-CUP2018東京大会1Dに参加しました!!

こんばんは

クチナシです。

2018/06/16品川シーサイドフォレスト・オーバルガーデンにて、

J-CUP2018東京大会1Dが開催され、それに参加してきたので報告します。

会場について

久々の品川シーサイドでの大会の参加になりました。

東京大会1Dはオープンクラスのみで、受付も11:30~早起きしなくても十分間に合います。

会場も人数が少ないためにピットスペースもかなり余裕がありました。

駅からも近い、飯も食べるところたくさんあるとなかなか過ごしやすい会場でした。

コースは屋根のあるところに2面設置され、

多少の雨が降ってもレースはできそうです。

欲を言えば、屋根のある室内で、冷暖房完備であれば…

それでも十分快適な会場でした。

サーキット

サーキットは「クラシックサーキット2018」

この日はデジタルカーブの後半の半分が普通のカーブになっていました。

ロッキングストレート

ホームセンターでみるケーブルカバーのようなものがたくさんついています。

配置は超速ガイドのものと少し違っていました。

会場ごとにランダムで配置されるようです。

デジタルカーブ

コーナーの半分は通常のカーブです。

通常のクラシックサーキットより高タイムがでそうです。

グライドバンク45

スケスケだぜ

ボルテックスチェンジャー

ミニ四駆グランプリ2018で登場したチェンジャーです。

クライマックスロード


ドラゴンバック→モヒカンストレート2018と何気に難しいセクションです。

コースアウトポイント

①富士通クライマックスロード

一番のコースアウトポイントはドラゴンバックの着地でした。

やはりジャンプで体制崩したり、

モヒカンの上で着地をすると体制を崩すマシンが多かったです。

安全策で行くなら、モヒカンの手前で着地させるのがいいですが、

これでは勝ち進むにつれ、速度が足りなくなりそうです。

やはりモヒカンの上でしっかりと着地させるのが勝利には必須だと感じました。

②ロッキングストレート

ロッキングストレートはリジットマシンなんかは弾かれてコースアウトしたり、

マシンが壊れていました。

やはりうまくロッキングストレートをいなすものを何かしら搭載していないと、

ここのセクションで大きく減速します。

勝ちを狙いに行くならこのセクションでの減速を最小限に必要がありそうです。

今回使うマシン

以前の記事でご紹介したホエイルです。

詳しくはこちらから↓

【ミニ四駆】マシンガレージ「ホエイルJ-CUP2018仕様」のご紹介!!

一度も試走していなかったので正直不安でした。

一次予選

1次予選の様子を見ている限り、

周りのマシンを見ていてもそこまで速度が出ていないように感じたので、

あまり速度が出ないネオチャンプで行くことにしました。

ただ、時間が経つに連れて、どんどん速度域が上がっているように感じました。

まだ初戦でもこの速度、J-CUP2018後半にはもっと速くなっていそうですね…

出走は2コースです。

約26秒で完走。

1位だったので2次予選に駒を進める事ができました。

久しぶりのレース参加だったので、ミライトをつけ忘れてしまいました。

試走も無しで、初めて作ったホエイルでマズマズの走りをしてくれたんではないでしょうか?

これは、ホエイルって凄いですね。

心配してらロッキングストレート等のマシンへのダメージでしたが、

レース後マシンをチェックする限り、ほぼノーダメージでした。

念のためビスの緩み等、再チェックして2次予選に備えます。

2次予選

セッティング変更無しで2次予選に挑みます。

出走は3コースです。

ドラゴンバックからの着地で体制をを崩し、コーナーでコースアウトしてしまいました。

ちょっと私のマシンではこれくらいの速度だと、

どうしてもイレギュラーを起こしてコースアウトしてしますようです。

この辺はこのマシンをもう少し研究して、

速度域の見極めができるようになればいいと思いました。

J-CUP2018が開幕して、まずは初戦が終わっていしまいました。

まずはこの経験を生かして、次のセッティングを考えたいと思います。

今回は13mmのローラーを使いましたが、

勝ち上がったマシンは9mmのローラーも使っているマシンもいました。

ローラー系については、私でも色々研究していきたいと思います。

あと、動画確認して思ったのですが、

ミライトつけてもレース中はよくわかりませんね。

つけるところや、場所を変えて色々試してみたと思います。

皆様の楽しい毎日に貢献できますように。。。

くちなしでした

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク