新型fireTVstick開封の儀!!

こんばんは

くちなしです。

一昨日(2017/04/07)に新型のfireTVstickが届きましたので、

開封レポートをしたいと思います。

開封の儀

開封すると紙でパッケージが出てきます。

入ってるものは以下のとおりです。

・本体

・音声認識リモコン

・リモコンの電池(単4電池2本)

・ACアダプター

・USBケーブル

・HDMI延長ケーブル

・取扱説明書

本体

音声認識リモコン

電池

ACアダプター

HDMIケーブル

USBケーブル

取扱説明書

電池並列にいれます

本体にHDMIケーブルを指すとこのようになります。

TVやディスプレイに直挿しでも問題はありませんが、

動かした時にぶつけて曲がってしまう可能性があるので、

ケーブルを指すことをおすすめします。

セットアップ

セットアップは非常に簡単です。

Amazon製品のガジェットは基本アカウントが既に設定してあるので、

Wifiのパスワードを入力するくらいです。

この製品でできること

・TVでのプライム・ビデオの視聴

・TVでの他の動画サービス(youtubeやabemaTV)などの 視聴

・プライムフォトの閲覧

・ゲーム(一部ゲーム関しては本製品は未対応)

・スマートフォンやタブレットの画面のミラーリング

基本機能としては、プライムビデオが視聴できるクロムキャストみたいなものです。

感想

動作がサクサクでストレスフリー

1つ前の世代では、動作が遅くストレスがたまるといった意見を耳にしましたが、

新型のStickに関しては動作は非常に軽く、ストレスはありませんでした。

できることに制限かけることができるので安心

また、コンテンツの購入に関してパスコードを設定できるので、

子供がいじってしまい、有料映画を沢山購入してしまったとうこともないと思います。

視聴のレーティングも設定できるんので、R-18指定の映画の視聴も制限できます。

また本製品からAmazonの購入履歴とかは見れませんでしたので、

家族に見られたくないものを買ってしまっても安心です。

なお、コンテンツの購入に制限をかけてしまうと、

無料のゲームアプリですらダウンロードにパスコード求められるので注意が必要です。

選べる2タイプ 迷ったら安いFire TV Stickで間違いなし!!

現状製品としてはFire TV Stickと通常のFire TVがありますが、

フルHD(ブルーレイ画質)の動画を見るだけなら、

今回ご紹介したFire TV Stickだけでいいと思います。

ただし、フルHDの動画を見る場合データ通信を結構しますので、

自宅のインターネットが光回線であることや、

無線LANは速い形式の11ac以上のスペックが必要だと思います。

なお、現在販売している無線LANルーターの殆どは、11ac対応していますので、

そこまで環境構築にお金がかかることはないと思います。

Fire TV Stick (New モデル)

4Kやゲームをとことん楽しみたいなら上位モデルのFire TV

なお、少しお高いFire TVであるは4Kの画質で映画を楽しみことができます。

現状プレイムビデオに4K画質の動画はほとんどありませんが、

Netflixなどで4K画質で楽しみたい方はこちらをおすすめします。

なお、アプリストアにあるゲームが一部Fire TVのみに対応してるものもあるいますので、

ゲームを沢山遊びたいならばこちらがおすすめです。

また、Fire TVは有線ポートがあります。

無線でも接続できますが、有線のほうが安定して速度も出ますので、

常に高画質な映像を楽しめます。

※プライムビデオストリーミング再生なので、

回線速度が遅いと画質が低下することがあります。

Amazon Fire TV

Amazonのプライムビデオをよく視聴する方にはこの製品はおすすめです。

そこまで高いガジェットではありませんので、一度試してみてはいかがでしょうか??

皆様の楽しい毎日に貢献できますように。。。

くちなしでした

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク