【ガジェット】Apple Watch Series5を一週間使ってみた!

こんばんは

クチナシです。

Apple Watch Series5(44mm アルミ)を一週間使ってみました。

良かった点や悪かった点をまとめてみようと思います。

なお、私はApple Watch Series2(40mm ステンレス)を使っていたので、

それとの比較となります。

良かった点

圧倒的に早い

Series2に比べるとレスポンスが早いです。

Series2では操作しても、反応しなかったり、少し待たされることがあり、

ストレスになることも多かったです。

Series5では、サクサク快適に動き、ストレスになることがありません。

画面が大きくて見やすい

画面が2mm大きくなっただけですが、ベゼルが狭くなったので、

表示画面はそれ以上に大きくなりました。

ランニング中など、ぱっと画面を確認する時に、

かなり見やすく感じます。

悪かった点

アルミモデルのガラスが傷つく

AppleWatchのアルミのモデルには、「Ion-Xガラス」が使われています。

ステンレスモデルには、より強度が高い「サファイアクリスタルガラス」が使われています。

Series2のときは「サファイアクリスタルガラス」だったので、

3年間使っても画面には傷がついていませんでした。

しかし、Series5はアルミモデルを購入したので「Ion-Xガラス」なので、

1週間程度で傷がついてしまいました。

ただし、44mmのアルミモデルとステンレスモデルの値段を比べると、

約3.5万円の違いがあります。

多少傷ついてもいい、もしくはケースやフィルムをつけるならアルミモデルを

傷が嫌でケースやフィルムもつけたくない方は、ステンレスモデルをおすすめします。

常時点灯は電池の減りが激しい

今までのApple Watchは画面を見た時だけ、Apple Watchが点灯していました。

時々反応しないことがあり、画面を確認できなくてストレスに感じることがありました。

Series5から常時点灯機能が追加されました。

画面を見ているときは、明るく点灯し、見ていないときは少し暗くなっています。

ただ、この機能を使うと電池の減りがとても早いです。

とても便利ですが、通常はこの機能をオフにして使っています。

まとめ

動作速度が早くなったことだけでも、買った価値はあると思います。

Apple Watchの動作速度が遅くて、ストレスに感じてる方にはおすすめできます。

逆に常時点灯を目的に買おうと思っている方には、

あまりバッテリーの持たいないのでおすすめできません。

WatchOS 6にするとバッテリーの減りが早いとの話もあるので、

OSの改善でバッテリーの持ちが良くなるといいですね。

皆様の楽しい毎日に貢献できますように。。。

くちなしでした

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク