【ミニ四駆】ミラクルバロンサーキット2019模擬コース走行メモ②!壁ブレーキでデジタルドラゴンバックを攻略しよう!!

こんばんは

クチナシです。

先日、FORCE LABOの模擬コースで練習してきたので、

その結果をまとめておこうとおもいます。

皆様のセッティングの参考になれば幸いです。

コースレイアウト

今回の模擬コースのレイアウトはウエストでした。

コースの攻略に対する私なりのセッティング方針はこちらから

完走したセッティング

LDP+EXギヤ

タイヤ:スーパーハード(23.5mm)

バンパー:前後スラダン(可動域多め、柔らかめ)

マスダン:フロント提灯、リヤマスダン

モーター:LDP

ギヤ比:3.7:1

チェッカー速度:22km/h

ブレーキ:フロント壁ブレーキ

完走タイム:46秒前後

完走率:70%くらい

フロントに壁ブレーキをつけています。

(このときは気づいていませんでしたが、ウエストのレイアウトでは左側につけたほうが安定します。)

フロントにつけたブレーキはFM-Aシャーシに付属している、円柱のローラーを削って、

3mmの赤ブレーキをつけています。

既成スラダンならば、9mmローラーの穴の位置にローラーを、

19mmローラーの穴の位置にこのブレーキをつけると丁度良かったです。

この程度の速度ならば、スロープ上りで飛ぶことはありませんでした。

ただ、周りの方のマシンに比べると遅かったです。

HDP+EXギヤ

タイヤ:スーパーハード(23.5mm)

バンパー:前後スラダン(可動域多め、柔らかめ)

マスダン:フロント提灯、リヤマスダン、キャッチャーダンパー

モーター:HDP

ギヤ比:3.7:1

チェッカー速度:28~27km/h

ブレーキ:フロント壁ブレーキ、フジヤマブレーキ

完走タイム:41秒前後

完走率:20%くらい

これくらいの速度だと、

他の速い人のマシンとほぼ同じくらいの速度でした。

やはりデジタルドラゴンバックでコースアウトすることが多かったですね。

もう少し、フロントの壁ブレーキを上手く当てられれば良いのですが…

スロープ上り対策でフジヤマブレーキを搭載しています。

使わなくなったタイヤがちょうどいいサイズだったため搭載しています。

これをつけることで、スロープ上りで飛ぶことはほぼなくなりました。

ただ、キッカーフラップなどのジャンプの姿勢が悪くなったように感じました。

こういうときにATバンパーやアンカーがあればいいですね。

まとめ

優勝を狙うならば、HDP以上のモーターを搭載しないとまず無理だと思います。

ただ、このマシンではその速度では安定して走らせることはできませんでした。

壁ブレーキやフジヤマブレーキを更に研究して、もっと効くようにしないと、

勝ち上がることは難しいと思います。

ただ、フォースラボで走らせている方のマシンを観察していたところ、

速い方はの完走率はそこまで高くありませんでした。

タイムを狙って練習されていたのかもしれませんが、

今回のコースを速く安定して走ることはかなり難しいようです。

まずは私は感想を目指して、安定した走りを目指して行きたいと思います。

また、今回はスラダン車での検証でしたが、

今後はホエイルマシンでも走らせて、感想率の比較をしてみていと思います。

皆様の楽しい毎日に貢献できますように。。。

くちなしでした

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク