【ミニ四駆】デジタルカーブで減速するブレーキまとめ!ミラクルバロンサーキット攻略なるか??

こんばんは

J-CUP2019東京大会1Dで2秒でコースアウトしたクチナシです。

J-CUP2019東京大会1Dと東京大会1が終わりました。

特にデジタルゾーン2が凶悪で、それを攻略するための改造方法が

SNS等で公開されています。

今回はデジタルゾーン2のデジタルカーブで減速するブレーキの改造方法を

ピックアップしてみました。

勿論、通常のブレーキをマシン裏面に貼って、

デジタルドラゴンバックの傾斜でブレーキを当てて減速する方法もあると思いますが、

SNS等で公開されるマシンの画像ではパット見で判断できませんので…

これらのブレーキを使いこなせれば、

高速マシンでもデジタルゾーン2も攻略も夢じゃない!?

デジタルカーブのブレーキ

大きく分けて2種類の方法があります。

①タイヤに当てて減速するブレーキ

②コースの壁に当てて幻減速するブレーキ

①タイヤに当てて減速するブレーキ

ピボットをタイヤの内側に当てる

スラダンに連動してタイヤの内側にゴムを当てる

ミニ四駆作ってみた〜その348 「ジャパンカップ2019対策:スラダン連動ブレーキ」

スラダンと連動して、タイヤの外側からブレーキをあてる

②コースの壁に当てて減速するブレーキ

スラダンやアンカー等がスライドすると、コースの壁にブレーキあてる

小さめのフロントローラーの上にスタビとしてブレーキをつける


フロントローラーの前方にブレーキをつける構造

この投稿をInstagramで見る

. 久々のフォースラボ 東京大会の前夜祭😁 #tamiya #ミニ四駆 #mini4wd #fm-a #fma #rampage

ジャムおじさんさん(@jam_rampage)がシェアした投稿 –

いろいろなブレーキが考案されています。

難セクションが登場すると、新しい改造がどんどん出てきて面白いですね。

まだまだJ-CUP2019は始まったばかりです。

みなさんもいろいろな改造を試して、

ミラクルバロンサーキット2019を攻略しましょう!!

皆様の楽しい毎日に貢献できますように。。。

くちなしでした

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク