【ミニ四駆】J-CUP2019の開催が正式発表!!

こんばんは

クチナシです。

先程の記事で本日(2019/04/09)に

メディアミーティングが開催された事をお伝えしました。

【ミニ四駆】四駆の日(4月9日)の今日に重大発表あり!J-CUP2019の情報くるか!?

タミヤミニ四駆公式HPでも、J-CUP2019の情報が公開されました。

ミニ四駆ジャパンカップ2019 総合案内

サーキット

ミラクルバロンサーキット2019

2019年の公式コースは、3つのコースレイアウトが(北、東、西)

大会の開催地域の区分けによって展開されます。

以下がノース(北)のレイアウトです。

●「デジタルゾーン2」(新セクション)
ミニ四駆グランプリ2019スプリングの『ステップサーキット2019』でも登場した「デジタルゾーン」がさらにデジタル度を増してパワーアップした複合セクション。マシンが右へ左へ激しく揺さぶられる2連続のデジタルコーナーの後に上下方向にマシンがジャンプする2連続デジタルドラゴンバック、さらに2連続のデジタルコーナーが待ち構えます。スタート直後にマシンをトップスピードにのせるためにここでの減速を防ぐ事がポイント。2周目以降はスピードに乗った状態でセクションに突入するので要注意。

●「キッカーフラップ」(新セクション)
高さのあるストレートが途切れジャンプする部分にフラップ型の装置を設置。軽いマシンはフラップが下がらずに上向きにジャンプ、重いマシンはフラップが下がりコース路面と平行にジャンプ。マシン重量によってフラップの動きに変化が加わり、軽量なマシンはジャンプでコースアウトする危険性も。フラップが反応する重量や角度は会場によって異なる可能性もあるぞ。

●「ライジングファントムチェンジャー」(新セクション)
レアセクション「ファントムチェンジャー」がさらに進化。スピードに乗ったマシンが緩やかなスロープを登り、幅広の踊り場に着地後、さらに角度60度の急斜面を駆け上るというスピードとパワーが要求される要注意セクション。

●「バランシングストレート」(新セクション)
ストレートコースの両サイドの幅が広がり、マシン幅ギリギリのストレートの両サイドにある路面が低くなり、まっすぐに走らないとシャーシが路面に接触し、大幅なスピードロスにつながる可能性が。マシンの走行安定性に大きな影響のあるセクションだけに入念なセッティングが必要だ。

●「富士通ポップ」
ジャパンカップを提供する富士通乾電池の名がついた90度カーブ「富士通ポップ」。マシンがハイスピードの状態で通過するため、一見、簡単に見えるが侮れない急カーブセクション。

●「ニューエラ ターン」
チャンピオンキャップのサポートを行うキャップブランド・ニューエラの名を冠したコーナー。コース後半に向けてマシンを加速させるために、スムーズにコーナーを通過するのがポイント。

●「フラップストレート」
上りスロープ後のストレートに待ち構えるコース路面に特殊な素材を採用したエリア。果たして特殊素材とは一体どんな素材なのか?コース実物の登場を待とう!

大会毎にレイアウトが異なるのはJ-CUP2017以来ですね。

その他のレイアウトイメージや区分については適時発表されるようです。

今回は地域でレイアウトが事前にわかるので、早めにマシンが作れそうですね。

【追記】

 【 富士通 乾電池 提供 ミニ四駆ジャパンカップ2019 公式コース を一般公開 】

2019年戦いの舞台となる、全長 225m「ミラクルバロンサーキット2019」を初公開!!注目の新セクション「キッカーフラップ」や「バランシングストレート」、「ライジングファントムチェンジャー」など実際のコースをご覧いただけます。※開催地域によって異なる、ノース(北)・イースト(東)・ウェスト(西)いずれかのレイアウトを展示予定、走行は出来ません。

引用:タミヤオープンハウス2019 5月11日(土)、12日(日)開催

タミヤオープンハウスで「ミラクルバロンサーキット2019」の実物が公開されるようですね。

ここでチェックして、本戦に備えましょう!!

「トライアルクラス」新設

オープンクラス対象者のファミリークラスに相当する「トライアルクラス」が新設されます。

ミニ四駆初心者やまだ競技になれてない方などに向けて創設されました。

オープンクラスとトライアルクラスのどちらか1つにしか参加できません。

なお、トライアルクラスの勝者には、10月に開催されるジャパンカップ チャンピオン決定戦への代表権は授与されません。また、チャンピオンズ認定も行われません。

超速ガイド(2019-2020)が発売決定

「ミラクルバロンサーキット2019」の解説や

入賞マシンやコンデレマシンなど情報満載のガイドブックが今年も発売されます。

ミニ四駆アプリ(仮)

ミニ四駆のアプリゲームがリリースされるようです。

(以前レッツ&ゴーのゲームもありましたが…)

ゲーム内でミニ四駆をチューンナップして速いマシンを作りましょう!!

J-CUP2019関連アイテム

今年もJ-CUP2019マシンやモーター、カーボンが発売されます。

バロンビエント ジャパンカップ 2019

フロントモーターレイアウトのFM-Aシャーシを採用し、バッテリーホルダーやギヤカバーなどは低摩擦樹脂製。

また、レッドカラーのディッシュホイールに加え、クラシックカーの定番スタイルであるホワイトウォールをプリントした26mmスーパーハードローハイトタイヤや専用タイプのメタル調ステッカーをセット。

ハイパーダッシュ3&ハイパーダッシュPRO J-CUP 2019

今年は長直カーボンも発売されます。

フロントとリヤの形状は例年どおりのようですが、

フロントの長穴がないように見えますね。

開催日程

6月15日(土) ジャパンカップ東京1D
6月16日(日) ジャパンカップ東京1
6月23日(日) ジャパンカップ熊本
6月30日(日) ジャパンカップ大阪1
7月7日(日) ジャパンカップ静岡
7月21日(日) ジャパンカップ愛媛
7月28日(日) ジャパンカップ福井
8月4日(日) ジャパンカップ仙台
8月10日(土) ジャパンカップ東京2D
8月11日(日) ジャパンカップ東京2
8月18日(日) ジャパンカップ新潟
8月25日(日) ジャパンカップ北海道
9月1日(日) ジャパンカップ掛川
9月7日(土) ジャパンカップ東京3D
9月8日(日) ジャパンカップ東京3
9月29日(日) ジャパンカップ大阪2
10月6日(日) ジャパンカップ岡山
10月 チャンピオン決定戦

開催会場は静岡ホビーショーで発表されるようです。

(いつもの会場だと考えておいてもいいと思います。)

今からJ-CUP2019が楽しみですね。

とりあえず、2019/05/30発売予定の超速ガイド(2019-2020)を手に入れて、

夏のあつい大会に備えましょう!!

皆様の楽しい毎日に貢献できますように。。。

くちなしでした

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク