【ミニ四駆】「2018年特別ルール」が制定!ローラー装着個数制限がなくなりマスダンパーも自由に取付られるぞ!!

こんばんは

くちなしです。

2018年のミニ四駆の大会から新ルールが適用されることが判明しました。

写真では見にくい点もあるので文字として書き起こします。

さて、弊社では2018年1月に開催のミニ四駆公認競技会

「ミニ四駆グランプリ2018ニューイヤー」より、

「2018年特別ルール」として、

ローラーの装着数の上限「6個」を暫定的に「制限なし」に変更します。

これにより、セッティングの可能性がさらに広まることになりますので、

お客様に新たな改造の楽しみを提供できるものと考えております。

尚、今回の変更は2018年1月の(ニューイヤー)~2018年5月(スプリング)までの

特別ルールといたします。

ミニ四駆の改造に不可欠な「ローラー」規定の変更になりますので、

2018年に向けてお品揃えの充実をご検討ください。

●公認競技規則

「2018年特別ルール」としてローラーの装着数の上限「6個」を

暫定的に「制限なし」とします。

更に、回転するマスダンパー取付け位置も同様に

暫定的に「制限なし」といたします。

※「ミニ四駆ステーション」等、販売店様のレースにおいては、

主催者様に対応お任せします。

●適用期間

2018年1月(ニューイヤー)~5月(スプリング)

※上記以降の大会の対応については、追ってご案内いたします。

久しぶりにミニ四駆のレギュレーションが変更になりますね。

今回の「2018年特別ルール」はあくまでも

ミニ四駆グランプリ2018スプリングまでの暫定的なルールですが、

好評ならば、J-CUP2018も継続されるかもしれません。

なお、店舗大会等ではこの「2018年特別ルール」が適用されないものもあるので、

事前に主催者様にご確認ください。

現在主流の前ローラ2つ、後ろローラー4つはいわゆる「たからばこセッティング」と言われ、

現在の第三次ブームの前から主流になっていたものです。

(私が復帰した2008年ごろには既にみんなやっていました。)

これをしっかりやっておけば、まずコーナーでコースアウトすることはありません。

ただ、ローラーの制限がなくなるのであれば、

更にスキットローラーをつけるなど新しい改造が生まれるかもしれませんね。

また、回転しないマスダンパーについては以前の記事でご紹介しました。

【ミニ四駆】回転しないマスダンパーの取り付け位置が話題に!!

今回の「2018年特別ルール」では回転するマスダンパーも、

自由につけることができるそうです。

どんな改造が新たに生まれるかとても楽しみですね。

皆様の楽しい毎日に貢献できますように。。。

くちなしでした

スポンサーリンク
スポンサードリンク②
スポンサードリンク②
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサードリンク②

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA