【ミニ四駆】メディアミーティング2017の内容がタミヤミニ四駆HPに掲載!J-CUPU2017の開催地も決定!!

こんばんは

くちなしです。

昨日の記事でメディアミーティング2017の内容をお伝えしましたが、

タミヤミニ四駆公式HPにて正式に発表されました。

詳しくはこちらから↓

ミニ四駆 新製品・イベント情報を発表!

J-CUP2017開催地&開催日

6月18日(日) 東京大会1 品川シーサイドフォレスト・オーバルガーデン(東京都品川区)
6月25日(日) 大阪大会1 京セラドーム大阪・9階スカイホール(大阪市西区)
7月2日(日)  静岡大会 ツインメッセ静岡・南館(静岡市駿河区)
7月9日(日)  熊本大会 グリーンランド・レインボードーム(熊本県荒尾市)
7月16日(日) 東京大会2 品川シーサイドフォレスト・オーバルガーデン(東京都品川区)
7月30日(日) 愛媛大会 テクスポート今治(愛媛県今治市)
8月6日(日)  仙台大会 仙台サンフェスタ(宮城県仙台市)
8月13日(日) 新潟大会 ハイブ長岡(新潟県長岡市)
8月20日(日) 北海道大会 真駒内セキスイハイムアイスアリーナ(札幌市南区)
8月27日(日) 東京大会3 品川シーサイドフォレスト・オーバルガーデン(東京都品川区)
9月10日(日) 掛川大会 つま恋リゾート 彩の郷(静岡県掛川市)
9月17日(日) 岡山大会 おもちゃ王国(岡山県玉野市)
10月1日(日) 大阪大会2 京セラドーム大阪・9階スカイホール(大阪市西区)
10月8日(日) 福井大会 福井県産業会館(福井県福井市)
10月開催予定  東京大会EX / チャンピオン決定戦(日程、会場調整中)

新潟大会の開催地はハイブ長岡に決まったようです。

他の会場はいつも会場でおなじみのところですね。

J-CUP2017サーキット

●新セクション「ルーズロード」
真ん中の3レーンが緩やかなストレート、両端の1レーンと5レーンは外に膨らむカーブで構成されたルーズなストレートセクション。コース側面にはウォッシュウォールがランダムに配置され“ロッキング ルーズロード”に変化。通常よりもコース幅が広いため、マシンがさらに左右にぶれやすくなり横方向の安定性が必須となります。

●新セクション「オメガバンク」
2017年の2月より開催された“ミニ四駆グランプリ2017スプリング”に登場したΩ(オメガ)ターンがさらに進化。バンクアプローチから90度ターン、その後逆向きに180度ターンする複合バンクセクション。角度が着いたバンクを上りきった後は、マシンを傾けながら走行する上下左右に揺さぶられるセクションです。

●新セクション「クライムチェンジャー」
マシンがレーン移動するための通常のチェンジャーセクションは1レーン、1台のマシンのみがバンク走行し、その他4レーンはフラット走行ですが、このクライムチェンジャーは通常のレーンチェンジャーとは逆。4レーン、4台のマシンがバンク走行し、その他1レーンはフラット走行。今までとは異なり周回ごとにバンクを通過するため、さらにスピードとパワーが要求されるチェンジャーセクションです。

●その他セクション
「ダブルバウンシングストレート(マルチ)」
バウンシングストレートとして“ミニ四駆グランプリ2017ニューイヤー”に登場、その後の“ミニ四駆グランプリ2017スプリング”では、2連続で構成されたダブルとなって猛威を振るった特殊セクション「ダブルバウンシングストレート(マルチ)」が再び登場。会場ごとに向きが変わる4パターンのバリエーションを展開。オメガバンク、ニューエラターンを経てトップスピードに達したマシンが突入する、上下方向でのマシンの安定性が特に求められる要注意エリアです。

「富士通ポップ」
「ダブルバウンシングストレート」を通過し、不安定な状態のままスループ上りからカーブに突入するセクション。速度が上がるほどにコースアウトの確率が高まります。

「ニューエラ ターン」
チャンピオンキャップのサポートを行うキャップブランド・ニューエラの名を冠したコーナー。
マシンが高速走行で通過することが予想されます。

「ラストターン」
グレートクロスサーキット2017の最終コーナー「ラストターン」。ここを無事に通過できたマシンがウイニングランを迎えます。

クロスシステムをイメージしたグレートクロスサーキット2017はタイプA(エー)、タイプA(エー)のコースレイアウト下半分をクロスさせたタイプB(ビー)”、これらタイプA(エー)、タイプB(ビー)のコースレイアウトを反転させたタイプAA(エーミラー)、タイプBB(ビーミラー)”の4つのサーキットレイアウトと、4つのセクションバリエーションを持つ「ダブルバウンシングストレート(マルチ)」と組み合わせる事で会場ごとに異なるサーキットが出現する予定です。

クロスシステムをイメージした「グレートクロスサーキット2017」
①タイプA(エー)
②タイプB(ビー):タイプA(エー)のコースレイアウト下半分をクロス
③タイプAA(エーミラー):タイプA(エー)のコースレイアウトを反転
④タイプBB(ビーミラー):タイプB(ビー)のコースレイアウトを反転

会場ことにコースが異なるのは、中々難しいですね。

遠征したもそこでの経験値を次の大会に活かせることが難しいくなりました。

日頃マシンと向き合って色んなコースで走らせてる経験値を積むしかありませんね。

DCR-01(デクロス-01)


ミニ四駆デザインの多様性を拡張する新しいミニ四駆 DCR-01(デクロス-01)が登場。
元本田技術研究所のデザイナーとして、多くのヒット商品を生み出し、タミヤRCカー「デュアルリッジ」のボディデザインも手がけたやまざきたかゆき氏によるデザインのミニ四駆。
これまでのミニ四駆にはないボディ分割方式を採用し、手軽に個性表現のカラーコーディネートが楽しめます。

デクロスでPVCつくるとかかなり気合が入っていますね。

Amazonで予約受付中なので、欲しい方はお忘れなく!!

【2017/05/27発売予定】

ミニ四駆PROシリーズ No.46 DCR-01 デクロスー01 MAシャーシ

DCR-01 (デクロス-01) ボディパーツセット (ガンメタル)

ジャパンカップ2017関連アイテム

トライゲイル ジャパンカップ 2017(MAシャーシ)
実車スタイルで人気のミニ四駆トライゲイルをベースとした特別限定バージョン。
ボディは衝撃に強いソフトオレンジのABS樹脂製で、ジャパンカップをイメージしたレースカースタイルのデザインに仕上げました。
ダブルシャフトモーターを車体中央に搭載した高性能なMAシャーシを採用。
Aスポークのシルバーカラーホイールに加え、ジャパンカップのレッドプリント入りの26mmスーパーハードローハイトタイヤもセットしました。

【2017/07/01発売予定】

トライゲイル ジャパンカップ2017 MAシャーシ

ハイパーダッシュ3モーター J-CUP2017

ハイパーダッシュモーターPRO J-CUP2017

HGカーボンマルチワイドステー(1.5mm)J-CUP2017
HGカーボンマルチワイドリヤステー(1.5mm)J-CUP2017

フェスタジョーヌ クリヤーボディセット

ブルータイヤ&ゴールドメッキAスポークホイール

ホワイトタイヤ&ブルーメッキAスポークホイール

新シャーシ

静岡ホビーショーで展示予定だそうです。

速く実物がみたいですね。

皆様の楽しい毎日に貢献できますように。。。

くちなしでした

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA