レースに勝てるミニ四駆 ラップ塗装に挑戦してみた

こんばんは

くちなしです。

今回はクリアボディでラップ塗装に挑戦してみました。

ラップ塗装はミニ四駆超速ガイド2015でも紹介されていたように、最近はやりの塗装です。

1.クリアボディをカット

IMG_0193

↓カット

IMG_0193

クリアボディのカットは意外と難しいです。

デザインナイフや曲線バサミをつかい、

少しずず切りましょう。

少し大きめに切って、後でヤスリでもかけても大丈夫ですが、

クリアボディの裏側を傷つけないように注意が必要です。

IMG_0194

2.洗浄

食器用の洗剤で綺麗に洗います。

汚れがあると綺麗に塗装できません。

3.乾燥

しばらく放置して乾燥させます。

ティッシュ等で拭いてはいけません。

吹くことで、傷つくことがあります。

4.マスキング

IMG_0195

塗りたくないところにはマスキングをします。

マスキングも、一度にしようとするのではなく、

マスキングテープを少しづつ切り、貼り付けていくと簡単にできます。

ただ、ボディの触りすぎには注意。

手の油で汚れてしまいます。

5.塗装

では塗装に入ります。

よく晴れた野外でやってください。

床が汚れないように、ダンボールを敷くといいです。

IMG_0196

IMG_0197

↑クリアボディを裏側から塗装

IMG_0198

↑こんな感じでラップを丸めます

IMG_0199

今回は赤メインで背景に黒のボディに仕上げたいと思います。

用いるスプレーはフロストレッド半透明のスプレーです。

勿論クリアボディ用のポリカーボネート用の塗料です。

プラスチックのボディ用の塗料とは異なるので注意です。

IMG_0200

ラップを広げて、ラップの上にまんべんなくスプレー

IMG_0201

塗料のかかったラップ側を、クリアボディの裏にくっつくようにかぶせます。

ボディの凹凸が多いところはくっつきにくいので、

割り箸や爪楊枝で突いて、しっかりくっつけるといいです。

IMG_0204

30秒から1分たったら、ラップを剥がします。

IMG_0205

ボディをひっくり返したらこんな感じ

これから2~3時間放置してしっかり乾燥させます。

乾燥後裏からブラックで塗装します。

IMG_0207

こんな感じ。

真っ黒やないかー

失敗です。

今回フロストレッドのあと裏から直接ブラックを拭いたのがよくなかったようです。

赤×黒にするなら

フロストレッドではなく普通のレッドにして、裏から透けるのを防ぐべきでした。

またはフロストレッド→シルバー→ブラックの順番でふけばうまくいくようです。

↓こんな感じで後日別のボディでフロストレッド→シルバー→ブラックの順番で作成してみました

Evernote Camera Roll 20150625 102754

皆様の楽しい毎日に貢献できますように。。。

くちなしでした

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA